コラム「損害賠償条項における留意点(その2)」をアップしました。






「モデル取引・契約書」の条項例に上限の記述があるため、上限を設けることが推奨されていると勘違いしてしまいます。

コラムはこちらです。