コラム「モデル取引・契約書について」をアップしました。






例えばベンダーに有利なA案、ユーザー企業に有利なB案、折衷案としてのC案の記載といった配慮はありますが、少なくとも私には、全般的に6:4で内容がベンダーに有利ではないかと感じています。

コラムはこちらです。