コラム「請負契約のリスク」を書きました。

システムの完成が大幅に遅れ、ユーザー企業側が中止を求めることで、訴訟につながることが増えています。ユーザー企業側は「システムが完成していないので支払えない(債務不履行)」と訴え、ベンダー企業側は「要件が大幅に膨らんだ」「作った分だけは支払って」というものです。

 >> コラムはこちらです。