タグ: , , ,

PMに向いていない可哀想なPM


<<前回の続き>>

 前回ご紹介したように、コミュニケーションが苦手で自分が頑張るしかないというタイプのPMのもとで、よくあることですが、要件の追加や変更が頻発したらどうなるでしょう。

 完全にコントロールが失われます。最悪のケースは昔優秀なSEだったPMが管理の仕事を放り出して、遅れの大きな現場でSEやプログラマーの仕事を始めてしまいます。


 もうお分かりですね。多くの国内のプロジェクトでは、資質的に向いていないPMがプロジェクトの管理をしている(させられている)のです。非常に可哀想なことになってしまっています。

 そのため、中には失踪してしまうPMが出たり、精神的なダメージを受けるPMが出たりということにもなってしまう訳です。




 PMに向いていない方が、無理をしてPMの仕事をしている(させられている)姿は本当に見ていてかわいそうです。

 ですから私は、RFP(Request for Proposal:提案依頼書)でPM候補にITSS(IT Skill Standard)スキルレベル4.0以上を求めるだけではなく、ベンダーの提案プレゼンの場では、わざとにでも嫌らしい質問をして、PMとしての資質を少しでも見抜く工夫をお勧めしている訳です。



 ITSSスキルレベルにつきまして、もしご存じなければぜひ経済産業省(独立行政法人 情報処理推進機構)のサイトをご覧になってみて下さい。

 さて、プロジェクトが始まった後で、残念ながらPMの役割に向いていないPMであったことに気付いた場合につきましては、次回以降で書かせて頂きますが、RFPの話のついでに、上記以外にRFPで求めておくべきことを下に並べさせて頂きます。




 あとでご説明する「PMの管理の改善」で活用するための情報をRFPで求めておくということです。

《RFPで最低限要求(確認)しておくべきこと》
・提案時点で想定されるリスクと対策
・ベンダーの開発管理標準(キックオフ・ミーティング時)提示可否
・具体的なプロジェクト管理方法(対象と方法)
・工程ごとの具体的な品質管理施策と指標




・工程ごとのレビューについての具体的な方法
・開示できる(して欲しい)品質管理データ
・コードレビュー実施の有無(実施しない場合はその理由)
・ベンダー内のプロジェクト監視、支援体制
・詳細プロジェクト計画書案の提出(キックオフ・ミーティング前までに)



<<次回に続く>>




※(株)プラッサムの「プロジェクト管理支援サービス」のご案内は こちらです。

※Kindle版「ユーザー企業のためのプロジェクト管理超入門」は、