タグ: ,

話を聴く


 前回
は、ヒアリングへの臨み方についてご説明しましたが、今回は相手からの話の聞き方についてです。

 

 話を聞く(聴く)上でまず大切なことは、知ったかぶりをしないことです。  

 知ったかぶりをしてしまうと、そのことの理解がないまま話が進んでしまうということと、それによってその先の話で足下が崩れてしまう可能性が非常に高くなります。  






 また、相手もそれを前提に話を進めてしまい、場合によっては折角聞いた話の最も重要な部分を理解しないまま終わってしまうことになるかもしれません。  

 そして、時間が経過してしまうと改めて聞くことも出来なくなってしまいます。      


 知らないこと、理解できないことは謙虚に教えを乞いましょう。  




 但し、以前書きましたように、ビジネスの一般知識や共通業務の一般知識、お客様の事業に対する理解が十分にあることが大前提です。  


 そのためにもしっかり予習をしてからヒアリングに臨みましょう。  




 また、相手が使った言葉の意味を確認する中で、ひょっとしたら用語集を見せてもらうことにつなげられるかもしれません。      



 次に大切なことは同意や共感を示すことです。  


 うなづいたり、相づちを打ったりして共感を示します。メモを取ることでも、相手の話を重要と捉えていることを伝えることができます。  


 聞いた内容を自分なりに整理して相手に確認することでも、前に書いたように真剣味を伝えることになります。  


 また、できれば相手の話に短いコメントを入れて「分かってるな」と感じさせるのも良いでしょう。      




 相手から話を聞く上でもう1つ大切なことは、事実かどうかを確認することです。
 


 相手の話が事実ではなく相手の考えや思い込みかもしれません。    


 「何かデータはありますか」「全体的にそうなのですか、部分的な話なのでしょうか」「事例はありますか」「他の方はどう考えているのでしょう」と言って、話の根拠を確認しましょう。  




 また、「考え」の場合には個人の考えなのか、組織の考えなのかも確認しておきましょう。  


 そうした場合には「部長(事業部長、社長)はどうお考えなのでしょう」といった質問も有効です。      




※(株)プラッサムの「人材育成支援サービス」のご案内はこちらです。