タグ: ,

ビジネス関連一般知識の修得(前編)

a0001_016871
 今回から前回ご紹介した内容を個々に具体的にご説明します。

 

 まず、「ビジネス関連一般知識の修得」です。経済を中心としたビジネスに影響を与える日常の動きはテレビやネットのニュースで知ることができます。  

 しかし、意識してニュースに接しようとするのとそうでないのとでは入ってくる情報量に大きく差が出ますので、意識して情報を収集しようという姿勢が望まれます。

 ビジネスマンに向けた経済番組も数多くありますので、積極的に活用しましょう。    



a0006_000229
 また、新聞も電子化が進んでいますので、通勤電車の中でもとても読みやすくなっています。

 ぜひ、経済記事が中心の新聞(電子版を含む)を定期購読し、毎日見出しと関心をもった記事を必ず読むようにしましょう。  

 継続は力なりです。
また単に記事を読むだけではなく、自分なりの解釈を人に説明できるように意識して読むと尚良いと思います。    




a0002_001041
 お気づきのように、国内の経済は国際的な経済の動きの影響を大きく受けます。原油価格、中国経済、ドルに対する円の為替レート、それらの変動の影響を受けて高下する株価については、毎日のようにニュースで取り上げられています。  

 先日のアメリカ大統領選挙の前後の株価の変動はかなり大きかったですよね。  




a1640_000221
 でも、株価の高下に一喜一憂する方もいると思いますが、それよりもその背景にある大きな動き、大きな流れや原因を理解しましょう。    


 そして、こうした経済の動きがお客様の経営にどのような影響を与えるのかについても必ず考えるようにしましょう。  



 原材料や部品の輸出が多い会社なのか、輸入が多い会社なのか、製品は輸出が多いのか、国内生産と現地生産はどちらが多いのか、その製品はどこの国で製造しているのかなどにより、受ける影響は全く異なります。  


a0006_000229

 また一時的な現象と思われるのか、傾向としての大きな動きと考えられるのかでも話が変わります。    


 次回は官公庁が発行している「白書」についてご紹介します。  



※ (株)プラッサムの「人材育成支援サービス」のご案内はこちらです。